眼精疲労と頭痛の関係

眼精疲労と頭痛の関係

長時間にわたるスマホやパソコン・読書など、目を酷使した後に起こる疲れ目を眼精疲労と言います。

目に現れる症状としては、

・目が

・目の中がゴロゴロする

ピントが合いにくい

などの症状が一般的です。

あまり知られてはいませんが、実は眼精疲労は頭痛の原因にもなるんです!!

 

ではどんな頭痛が眼精疲労と関連性があるのでしょうか??
頭痛には痛みの種類(感じ方)や、痛みが続く時間などでの特徴があるので、
自分の頭痛がどのタイプなのか?を確認してみましょう!

 

頭痛のタイプについては「こちら

 

眼精疲労による頭痛の対処方法

では、眼精疲労が頭痛の原因になっている可能性が高いあなた!
手っ取り早く解決するには、目を疲れさせないことが大切です!
そのために、日常生活で心がけたいポイントを3つご紹介しますね。

 

(1) まずは、部屋の明るさに気をつけましょう!
読み書きを行うのに暗い照明は禁物。だけど、明るすぎる直射日光でも目の負担は大きくなるんで注意が必要ですよ!

 

(2) 目を疲れさせやすいスマホやパソコン作業・読書の際には、
1時間ごとに10~15分程度、目を休ませる時間を作るのが理想!

 

(3)近視、乱視、遠視のある方は目に合った眼鏡またはコンタクトレンズを使用し、
目と字の距離は最低40cmの距離を保ちましょう!

 

もちろん、ほじ鍼灸接骨院では
眼精疲労に対する特別な治療【眼精疲労ケア(15分程度)1000円】もありますので
お気軽にご相談くださいね(^^)